マガジンワールド

Book in Book「やさしいとき40」から、とっておきの三選。 Special Contents BRUTUS No.945

Special Contents Book in Book「やさしいとき40」から、とっておきの三選。

それはなんでもない時間だったり、いつもの場所だったり、知らない誰かの一言だったり。私たちは日々、いろいろな“やさしさ”をもらっている。心がふっと温かくなる、映画から小説、音楽、マンガ……珠玉の名作選。

ひとこと

やさしい気持ちになれる、やさしさがわかる、あの人たちの“ことば”。
07

脚本家・坂元裕二が放つ至極のセリフが教えてくれる、
やさしさの善し悪し。

『大豆田とわ子と三人の元夫』
©2021 カンテレ 発売元:カンテレ 販売元:TCエンタテインメント
ドラマ
『大豆田とわ子と三人の元夫』

「やさしいって頭がいいってことでしょ。
頭がいいっていうのは、やさしいっていうこと」
『大豆田とわ子と三人の元夫』より

『最高の離婚』『カルテット』など、独特なセリフ回しによる会話劇が魅力の坂元裕二脚本ドラマ。その登場人物たちはどこか変わっているが、心根は愛情深くやさしいキャラクターばかりだ。『大豆田とわ子と三人の元夫』で松田龍平が演じた1番目の夫・田中八作もその一人。オーガニックホストとも揶揄(やゆ)される八作は、公式プロフィールでも「やさしい性格」と紹介されていた。第1話で大豆田とわ子が八作に「やさしいって頭がいいってことでしょ。頭がいいっていうのは、やさしいっていうこと」と言っていたが、このフレーズがすごい。たしかにやさしさは頭を使う高度な技術だ。きっと相手に対する言葉選びや発言のタイミングなどを考慮して初めて、やさしさは生まれるのだろう。しかし、やさしさは時に人を傷つけることも。石橋静河演じる早良からは「やさしさで人に壁つくる人怖い」「その人がやさしいのは、やさしくしておけば面倒くさくないからなんだよ」と痛いところを突かれてしまう八作。やさしさは残酷でもあることまで伝えてくるとは、本当に坂元脚本は抜け目がない。今作は特に、人を一つの定義に当てはめることなく、偏った視点だけで切り取らない脚本の姿勢が貫かれている。大豆田とわ子も離婚歴3回の女社長という記号を背負っていたが、世間が思うその像とは真逆のチャーミングな人だった。私たちももっと人の多面性を信じるべきだろう。その想像力もやさしさに通じるはずだ。(文・綿貫大介)

『大豆田とわ子と三人の元夫 Blu-ray BOX』(31,680円)
松たか子主演のロマンティックコメディ。2021年11月5日に『大豆田とわ子と三人の元夫 Blu-ray BOX』(31,680円)が発売。



かんけい

人と人の“つながり”には、誰かにやさしくなれるヒントがある。
18

愛し合っていた夫婦が辿り着く、
悲しい別れの中にある、やさしさ。

『マリッジ・ストーリー』
ネットフリックス映画『マリッジ・ストーリー』独占配信中。
映画
『マリッジ・ストーリー』

「結婚」とは実に不思議なものだ。「愛」という形のない感情と関係性を、制度のもとに明文化して縛り付ける。それが何らかの理由で壊れてしまった時に、そもそもの根底にあった「愛」はいったいどうなるのか? 本作は劇作家の夫・チャーリーと、俳優の妻・ニコールの仲睦まじい夫婦が、離婚に至るまでの顛末を描いた作品。離婚協議を始めた当初は、話し合いで円満に解決できると思っていた2人だが、一人息子の親権や居住地の問題をめぐって、弁護士を立て法廷で激しく争うことに。作中では、2人がまだ愛し合っている様子が何度も強調して描かれ、「もし〜だったなら」という哀しい可能性があまた提示される。もし、夫がもっと妻の望みに耳を傾けていたなら、もし、妻がもっと夫や自分自身に対して正直でいたなら(家父長制やマチズモという大きな壁がそこには立ちはだかっていたのだが)。そのやさしくも切ない“If”は、2人の結婚を回復することはない。物語が進むにつれ、2人は互いに憎しみ合うまでになる。しかし、感情を露わにし、怒鳴り合い、丸裸になってぶつかり合い、最終的に彼らは結婚の原点にあった場所へと立ち戻る。「自分たちはたしかに愛し合っていたのだ」と。そして、2人はすべてが終わった後、新たな形で互いへの「愛」を取り戻すことになる。辛い別れの中にも、一筋の希望の光を見つけ出すことはできる。2人のように互いに「やさしさ」を持っていれば、きっと。(文・小田部仁)

2019年公開。Netflixで独占配信中。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。監督は『イカとクジラ』で知られるノア・バームバック。2020年アカデミー賞6部門にノミネートされた。

けしき

切り取られた穏やかな一瞬が、観る者の幸福で温かな記憶を呼び起こす。
40

激動の人生を歩んだアーティストに訪れた
昨夜のパーティの香りを残す、穏やかな朝。

「Fascination(Jonathan)」Mark Morrisroe
写真集『MARK MORRISROE』(TWIN PALMS PUBLISHERS)収録
アート
「Fascination(Jonathan)」Mark Morrisroe

激動の時代にあっても、誰しもに「やさしいとき」は訪れているかもしれないということを感じさせるのが、アーティストの故・マーク・モリスローが23歳だった時の恋人、写真家ジャック・ピアソンとの朝の一幕を撮影した本作。脱ぎ捨てられた、昨晩のパーティを思い起こさせるピンク色のドレスと、その上にまるでイエス・キリスト像のように腕を真っすぐ伸ばして横たわるピアソンが象徴的なワンシーンだ。傍らで猫が、ピアソンの指に留まる小鳥を狙っているのも、どこか寓話的。性的マイノリティに対する社会の無知や偏見が強かった時代に撮られた、ひそやかで穏やかなイメージが、何度見返しても胸を打つ。(談・ミヤギフトシ)

“ボストンスクール”時代を代表するマーク・モリスローが撮影した写真作品。猫から小鳥を守っているような描写には、暴力的な社会に対してアートがいかに安全な場所を提供できるかを提示している。
ブルータス No. 945

やさしい気持ち。

760円 — 2021.08.16電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 945 —『やさしい気持ち。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。