マガジンワールド

自然が教えてくれる不思議と神秘とリアル。 From Editors No.946

From EditorsNo.946 フロム エディターズ

自然が教えてくれる不思議と神秘とリアル。

畑に出て土に触れる。夏は少しひんやり、冬はしっとり温かい。収穫した野菜の土を払い、その形を愛でる。しっかと伝わる手触り。手から伝わる温度やテクスチャーが、こんなに大事なことなんだ、と改めて実感する。コロナ禍は、心だけでなく、身体的にも窮屈が溜まっていたんだな〜。

農業特集は、2009年以来二度目となる。あの頃は、収穫する喜びを全面に押し出した本づくりをした。そんな時代だったんだ、と思う。

翻って2021年、見渡してみると友人知人たちが畑や田んぼで汗を流していると聞くことが多くなった。彼らの話を聞いていると、「実がならなくても失敗じゃないんだよね、緑がそこにある幸せ」「ときに枯らしてしまうこともあるし、苦労して育てた実を動物たちにかっさらわれてしまうこともある。腹は立つけど、おいしく食べて欲しいとも思う。うまくいかないってことも受けれる余裕ができる」「リモートワークやDX、便利になったけど、ハンドルの余りのようなものがなくなってるんだと実感する。それを補完してくれるのが野良仕事」これらの言葉が、すーっと染み込んでくるのは、時代なのか、人間としての本能なのか。

12年ぶりの農業特集、心の中で育つ木に豊かなものを実らせてくれる本になったと思います。

●杉江宣洋(本誌担当編集)
BRUTUS 946号:From Editors
彼を慕って、料理人やカフェオーナーが、長崎県雲仙に移り住む。種採り農家の岩崎政利さんは種をもむ作業を「種をあやす」と言うそうだ。それは、赤ちゃんを慈しむようにあやす様だから、と。憧れの岩崎さんの野菜を直売場タネトで買った。僕らが普段食べてる野菜と決定的に違うのは、見た目以上に感じるその質量。重く、そして存在感がすごい。そして、驚くほどの生命力で、数日たっても、まったくしおれる素振りを見せない。


ブルータス No. 946

みんなの農業。

760円 — 2021.09.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 946 —『みんなの農業。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。