マガジンワールド

家ビールも進化してます。 From Editors No.944

From EditorsNo.944 フロム エディターズ

家ビールも進化してます。

タップバーでいただくビールって、格別ですよね。注ぎ方ひとつで味わいも変わってきますし、本当に奥深いことを取材でも思い知りました。でも今、家ビールを楽しむ選択肢も広がっていることをご存知ですか?

ひとつはボトルや缶のような、パッキングされたビール。町のボトルショップや酒屋さんには、こだわりを持って選び抜かれた国内外のボトルや缶が並んでいます。アメリカやドイツ、ベルギーはもちろん、スペインやイタリアのようなちょっと意外な国でつくられるユニークなビールや、全国津々浦々のビールなど、ボトルや缶だからこそ楽しめるものも多いんです。IPAやサワーエールといった好みや未体験のスタイルで選ぶもよし、ラベルのデザインで選ぶもよし。複数購入して飲み比べてみると、ビールの味、造りのバリエーションに驚くはずです。

それに、お店のタップビールを自宅で味わうことだってできます。グラウラーと呼ばれる炭酸と温度を保存できる容器を持っていくと、テイクアウト用に注いでくれるお店も増えています(クラウラーと呼ばれる、お店で缶に詰めてくれるものもありますね)。こうして家ビールにだんだんハマっていくと、次はよりおいしくいただくためのグラスが気になってきて、終いには誰かとビールについて語りたくなるわけで…。
今回の特集では、信頼できるボトルショップやクラフトビールカタログ、グラウラーやグラスを紹介したページも用意しました。晴れてお店で飲める日が来るまでは、家ビールを存分に楽しみましょう!

●木戸智士(本誌担当編集)
BRUTUS 944号:From Editors
飲んだ証と思って捨てられないグラスや缶たち、自宅キッチンを侵食中。最近のクラフトビールはラベルも洗練されています。


ブルータス No. 944

ビールについて語らせろ!

750円 — 2021.08.02電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 944 —『ビールについて語らせろ!』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。