マガジンワールド

理系の目線で、危険な世界が見える。 From Editors No.884

From EditorsNo.884 フロム エディターズ

理系の目線で、
危険な世界が見える。

今年の「危険な読書」は、真っ赤な表紙が目印。付録の小冊子は「理系読書99」です。『人間をお休みしてヤギになってみた結果』『ダンゴムシに心はあるのか』『四次元が見えるようになる本』など、紹介されている本は、一見するといわゆる“危険”のイメージからは遠いかもしれません。ですが、「これまで見ていた世界がまったく違うものに見えてしまう」「考え方を変えられてしまう」という点では、どれもかなり危ない本といえるのではないでしょうか。
たとえば、『Modernist Cuisine at Home 現代料理のすべて』は元宇宙物理学者が科学的な視点で“美味しさとは何か”を解き明かした本。分厚い大判のビジュアル本のような造りで、食材や調理器具の断面図が並んだ美しい一冊です。料理が苦手な人にとっては、目に見えない“美味しさ”を科学的に説明してくれるありがたい本になるかもしれませんし、「まごころを込めて作れば料理は美味しくなる」を信じている人は、幻想を打ち砕かれたような気持になるかもしれません。食卓に並ぶのはさまざまな化学反応が生み出した<化合物>であると考えてみると、日常の風景がちょっと変わってきませんか? この本にピンと来た人には『Cooking for Geeks』や『人間は料理をする』もおすすめです。
まずは、「自分は文系だから……」と構えずに、読んでみてください。ド文系の私でも面白く読めたので、ご安心を。

●鴨志田早紀(本誌担当編集)
BRUTUS 884号:From Editors
冊子には、ブックガイドだけでなく対談やインタビューも収録されています。こちらは、川上和人さん(鳥類学者)と角幡唯介さん(ノンフィクション作家)の対談風景。背景にずらりと並んだ鳥の剥製を見て、「僕は生きている鳥より剥製のほうが好きなんです」と川上さん。


ブルータス No. 884

危険な読書

680円 — 2018.12.15電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 884 —『危険な読書』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。