マガジンワールド

「ブコウスキーと猫」にギャップ萌え。 From Editors No.936

From EditorsNo.936 フロム エディターズ

「ブコウスキーと猫」にギャップ萌え。

昨年のBRUTUS4月1日発売号で特集「犬がいてよかった」を担当した私。今年は一転、「猫」特集を担当することになりました。さっそく猫好きの友人やスタッフの話を聞いたり、保護猫施設を見に行ったりしたものの、猫ワールドはあまりに深く、迷い子状態に。そんなある日、ふと『文豪の猫』(エクスナレッジ)という本を読んでいると、あの無頼派作家・チャールズ・ブコウスキーが猫好きだった、と書いてあるではないですか。ギャップ萌えとはこのこと。猫のことを書いた『My Cats』という詩もあるそう。未邦訳のため頼りない私の英語力で読んでみると、猫を「師」と仰ぎつつも、けして擬人化せず、猫をあくまで猫として捉えた、ドライだけどジンと温かくなる詩です。これはぜひ読者にも紹介したい、と翻訳家のきくちゆみこさんに訳していただき、この特集の扉(P21)に掲載しました(ちなみにこのページの猫の写真は小泉今日子さんの愛猫です)。今、思うと、この詩が特集全体を作る指針になってくれたような気もしたり。とはいえ、作り終わった今も、またまだ猫界の超初心者を強く自負する私。さて、最近すっかり楽しみになった、インスタのタイムラインに出てくる世界のスター猫(P28~)でも見るとしますか。

●斉藤和義(本誌担当編集)
BRUTUS 936号:From Editors
左は、本文でも紹介した、ブコウスキーの猫にまつわる作品のみを集めた『My Cats』。ブコウスキーが描いた猫のイラストや愛猫との写真も掲載。右は、クロネコヤマトでおなじみのヤマトグループの新キャラクター「クロネコ・シロネコ」。イラストレーターの坂崎千春さんがデザイン。いつもは編集部の後輩の本棚の上に座ってます。


ブルータス No. 936

猫になりたい

780円 — 2021.04.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 936 —『猫になりたい』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。