マガジンワールド

Brutus No. 930 試し読みと目次

“当たり前”が崩壊し、不透明な情報が溢れ、あらゆる価値観が揺らぐ今。大きな変化の渦中には、進むべき方角を見失いがちです。しかし、私たちには「本」があります。今年最後のBRUTUSは読書特集。これからの世の中を考えていくための道標となる246冊を紹介します。

No.930 CONTENTS

features
014 特集
BOOKS and THOUGHTS
世の中が変わるときに読む本。
016 豊かになるために資本主義を脱する。—— 斎藤幸平
020 国、民族、言語。境界を超え、世界とどう繫がるのか。—— 多和田葉子
022 SFの現在地を探る、編集者座談会。—— 溝口力丸、小浜徹也、水上志郎
026 現代の “炭鉱のカナリア” はホラー作品である。—— 平山夢明、真藤順丈
030 過去と現在を短歌で結びつける。—— 東 直子、山田 航、山階 基
034 2020年、こんな本を読んで、こう考えた。—— 柴崎友香、橋本麻里、福岡伸一
036 文学は21世紀アメリカをどう描いたか。—— 矢倉喬士、青木耕平、日野原慶、吉田恭子
038 余白の中に現れる自己。現代詩は心のリトマス紙。—— 山田亮太(TOLTA)
040 嚙むほどにおいしい。人生指南としての料理本。—— 寿木けい
042 これからの「世界」を考えるためのKEY BOOK
孤独/独裁とポピュリズム/デジタル・ディバイド/ケアリングデモクラシー/ルッキズム/
生活をやり抜く/喪失とノスタルジー/身銭を切る/アフリカの知性
052 アナキストたちに学ぶ、楽しい働き方改革。—— 森 元斎
054 不透明な世界を生き抜くための、武器としての「哲学」。—— 千葉雅也
056 新聞書評は時代の海図である。—— 朝日新聞、東京新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞
058 変わる街、変わらない記憶、東京物語。—— 坪内祐三、徳川夢声、小関智弘ほか
060 私たちは生まれてこないほうが良かったのか?—— 森岡正博、オカヤイヅミ
075 教科書は最強のリベラルアーツだ。—— 教科用図書
078 師匠から弟子へ。受け継がれる言葉。—— 九龍ジョー
080 劇作家・別役実が読み、添削した「ジョーク集」!? —— 別役 実、べつやくれい
082 『MOTHER』に帰れば、答えが見つかる(かもしれない)。——『MOTHER』のプレーヤーたち。
Book in Book
未来は過去の中に。温故知新の読書ガイド。
THE NEW CLASSIC BOOKS
こんな本を読んできた。1930年代生まれ、科学者2人の読書歴。/読書家6人が今、読み返す“古典”/
超時間対談2020 ハマ・オカモト×開高健!?/色褪せない、才人たちのことばとことば。

regulars

007 Et tu, Brute? 「ブルー・アイヴィー」ほか
089 Brutus Best Bets 新製品情報
095 Brutus Best Beauty 007 年末年始のご褒美コスメ
098 人間関係 645 写真/篠山紀信『ちょっと不思議な愛のかたち』セントチヒロ・チッチ、芋生 悠
100 クルマのある風景 228 「ホンダ e」(撮影/平野太呂)
101 BRUTUSCOPE 「名和晃平」ほか
112 BRUT@STYLE 453 迫真
116 グルマン温故知新 561 焼鳥 うにか/デンクシフロリ
118 みやげもん 335 ンーチャ フトゥキ/次号予告
097 BRUTUS BACK ISSUES/定期購読募集


ブルータス No. 930

世の中が変わるときに読む本

750円 — 2020.12.15電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 930 —『世の中が変わるときに読む本』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。