マガジンワールド

いまどきのリアルな格好良さってなんだ。カッコいい人たちに、聞いてみると。 From Editors No.855

From EditorsNo.855 フロム エディターズ

いまどきのリアルな格好良さってなんだ。
おしゃれな人たちに、聞いてみると。

性差さえ超えた個性豊かなファッションが街を彩っている。トレンドはこれだ、と一概には言いにくい時代だが、どんな服装をしていても、おしゃれだな、と思う人はいる。服が似合う人には理由がある。その決め手とは何なのか。この3ヶ月間、さまざまな人に話を聞きながら、ずっと考えていた。

例えば、スタイリストの熊谷隆志さん。迫力の体躯に、レオパード柄のジャケット姿。存在感は圧倒的だが、まったく違和感はない。おしゃれだ。なるほど、彼が口にする“似合うの決め手”は「サイジング」。実際、今回の取材でサイジングを着こなしのキモに挙げる人は多数。体格は千差万別。自分に合ったサイズ感は、おしゃれに見せる基本だろう。もっといえば、時代に合ったサイズ感もあるはずだ。

山本耀司さんは、自分の服を「ちょっとゆるくて、着た人が何者かわからなくなる服」と評する。布の分量を大事にし、一貫してオーバーサイズの服作りをしてきた。曰く「男服の細かいディテールが、めんどくさくてしょうがない」。今の時代感にも合った服は、実は年齢を問わず似合う服。

とっておきの愛用品を見せてくれた、各界の大御所たち。長く愛用するもの=自分に合った、馴染んだもの。TUBEの斉藤久夫さんは、お気に入りのグレイフランネル生地のパンツを、形を変えて30年近く穿き続けているという。気に入ったモノを大事に使う、というのも、“似合うの決め手”のひとつかもしれない。

人、アイテム、スタイリング。他にもさまざまなアプローチで“似合うの決め手”に迫った今回の特集。いまどきの格好良さってなんだろう。そのリアルがわかるはずです。

 
●︎︎︎星野徹(本誌担当編集)
brutus-editor-855-2
俄に注目されている和装のスタイリングページも。二村毅氏が現代のリアルな和装を提案しています。詳しくは誌面で!


ブルータス No. 855

場所 人 服 似合うの決め手。

700円 — 2017.09.15電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 855 —『場所 人 服 似合うの決め手。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。