マガジンワールド

東京らしさって? From Editors No.865

From EditorsNo.865 フロム エディターズ

東京らしさって?

今回はこの質問を20人に投げかけて、東京の魅力を考察してもらいました。街並みや魅力的な人びと、食や豊富な緑など、異なる20の目線から語られる東京は、この街の魅力を再確認するいいきっかけになりました。東京は変化もとても速いですから。

松任谷由実さんによる故・ムッシュかまやつさんとの思い出や、岡本仁さんによるスカイツリーの考察など読んでいると、自分の知らない東京や、普段は見ない角度からの東京を眺めているような気になります。多視点から語られてこそ立体的に立ち上がっていくのが、東京という街なのかもしれません。

自分にとって東京らしさを感じるのは、スピードの緩急を感じられる場所。特に「緩」のほうです。たとえば「世田谷線」。フルスピードの東京のなかに、こんなにのんびりした時間があるのか。眺めていても乗っていても、いつも「ここって本当に東京なのかな?」と感じるほどです。スピードの速い東京だからこそ、スポッと抜け落ちたように時間の進みが遅い場所に、ローカルを感じています。

●︎︎︎矢作雄介(本誌担当編集)
bu865-fe1a
bu865-fe1b
三軒茶屋から下高井戸までの約5キロをつなぐ路面電車。全区間乗車しても約18分。車体の色も、青、緑、茶、オレンジなど牧歌的。


ブルータス No. 865

東京らしさ。

680円 — 2018.03.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 865 —『東京らしさ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。