マガジンワールド

在住者にとっての東京と、外から来る人にとっての東京。 From Editors No.865

From EditorsNo.865 フロム エディターズ

在住者にとっての東京と、
外から来る人にとっての東京。

糸井重里さんへのインタビューの中で、「東京は好きですか?」と質問したら、「好きですよ。しょうがないじゃない、家族みたいなもの」と答えられました。家族って、存在が近すぎて良し悪しを意識することってあまりないけど、在住者にとっての東京もそれに近いのかも。一度、改めて「東京らしさ」についてじっくり考えてみるのもいいですよね。

といいつつ、自分にとっての東京となるとやはり難しいです。20数年前に、四国から上京してきて最初に渋谷のスクランブル交差点を前にしたときに鼻血を出したことは覚えてます。何にと聞かれてもわからないんだけど、当時の地方出身者の若者にとっての東京は、やはり昂ぶる場所だったんです。いまはどうなんだろう?

流通やITの進化で、東京が特別である必要はなくなったのかもしれないけれど、それでも外から来る人にとって未知や可能性や興奮がある場所になってるほうが面白いなぁと。かつての上京組のひとりとしては、ノスタルジーも込めてそう思います。

●︎︎︎中西 剛(本誌担当編集)
bu865-sp2
糸井さんも前橋出身の上京組。原宿に事務所を構えていたときに、窓から神宮球場のライトが見えることに、「これが東京だ!」と感じていたそうです。


ブルータス No. 865

東京らしさ。

680円 — 2018.03.01
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 865 —『東京らしさ。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。