マガジンワールド

お金のことは難しい、だからみんなで考えましょう。 From Editors No.870

From EditorsNo.870 フロム エディターズ

お金のことは難しい、
だからみんなで考えましょう。

昨年につづいて、お金をテーマにした特集を作りました。「ビットコイン」と「ブロックチェーン」という、仮想通貨にまつわる2単語が少し世の中で聞かれるようになったのが、前号を発売した2017年前半のタイミング。あれから約1年で、仮想通貨関連の事がらは広く認知され(大きくは事件がらみでしたが)、お金にまつわる様々は、昨年以上に社会的な関心事になりました。

相変わらずお金を取り巻く状況は大きな変革の時期にあり、「お金を払う」そのために「並ぶ」という場面そのものを消したシアトルの店舗〈Amazon Go〉をはじめ中国、北欧で加速化するキャッシュレス革命などを取材していると、私たちとお金との関係は、今後さらに大きく変わることが容易に想像できます。たとえば財布や紙幣、硬貨を持たずに日々を暮らすという時代が来そうなのですから。そういう時代に、私たちは「お金」をどう認識して、生きていくようになるのでしょうか?

信用を外部化したもの、と言われるお金という存在。考え続けていると、ますますお金とは何なのかが、分からなくなってきました。とても難しいお金のことを、みんなで考える。その足跡が、この「新・お金の、答え。」特集には詰まっています。

●︎︎︎矢作雄介(本誌担当編集)
brutus-editor-870-1
シアトルの〈Amazon Go〉ではダウンロードしたアプリのQRコードを入り口でかざせば、認証完了。店内の商品をレジを通さず持ち帰ることができる。支払いは、Amazonに紐づいているクレジットカードで自動に決済。


ブルータス No. 870

新 お金の、答え。

680円 — 2018.05.15
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 870 —『新 お金の、答え。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。