マガジンワールド

さすがっス! だいふく先輩。 From Editors No.913

From EditorsNo.913 フロム エディターズ

さすがっス! だいふく先輩。

今や世界中で大人気の柴犬。その発祥地が島根県にあること、知っていましたか? 私はというと、お恥ずかしながら、今回の特集を担当するまでまったく知りませんでした。赤ん坊の頃から犬と一緒に育ったこともあり、大の犬好きではあるのですが、我が家は一族郎党洋犬派(歴代犬はアメリカン・コッカースパニエルのジェリー君、ヨークシャーテリアのチャチャさん、ヨープーのぽんず)。勉強させてもらいます! という気持ちで、島根県へのロケを企画しました。
旅に出るのは、インスタグラムの有名犬・だいふく。一般的に柴犬というと頑固で独立心が強い和犬の特徴を強く反映した性格がイメージされると思うのですが、だいふくは人間が大好き。初対面の取材スタッフにも、突進からの顔面ベロベロでご挨拶をしてくれました。しかも、人懐っこいだけではなく、ひとたび撮影となるとお座りや伏せのポーズのまま動かずしっかりカメラ目線をくれるプロフェッショナルっぷり。他の犬とのツーショットもお澄まし顔で対応(ちょっとピリピリしてはいましたが…)。「先輩、さすがっス!」という気持ちにさせられました。
島根旅のページ以外にも、働く犬の仕事をレポートするべく妙高高原スキー場の雪崩救助犬を訪ねたり、人気ミックス犬・モコゾウのお散歩に付いて行ったり、ここ数ヶ月でたくさんの犬に会いました。どの子も本当に可愛くていい子でした。……とはいえ、結局、一番可愛いのは自分の家の犬だな♡と思ってしまうのですが! 飼い主バカですみません!

●鴨志田早紀(本誌担当編集)
BRUTUS 913号:From Editors
柴犬の祖・石号の生家で、地元の犬たちとご対面。
BRUTUS 913号:From Editors
愛犬・ぽんずがはじめて我が家へやってきたときの写真。すくすく育ち、現在9キロ。好きな食べ物はキャベツとお芋。


ブルータス No. 913

犬がいてよかった。

750円 — 2020.04.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 913 —『犬がいてよかった。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。