マガジンワールド

創刊から40年、BRUTUSの名作選。はじまりはサザエさん。 From Editors No.919

From EditorsNo.919 フロム エディターズ

創刊から40年、BRUTUSの名作選。はじまりはサザエさん。

1980年5月に創刊されたBRUTUSは今年でついに40年。そこで、今号では過去40年間のBRUTUSを振り返るブックインブック「BRUTUSの正解」を作ることに。約900冊の雑誌記事をわずか32Pにどうやって入れようか、と思案していたときにふと浮かんだのが「よりぬきサザエさん」。1946〜74年まで新聞に連載された4コマ漫画の中から、名作を選り抜いた、いわばベスト オブ サザエさん。子供のころ、「よりぬき」という言葉に何か特別なものを感じ愛読していたことを思い出し、特集タイトルを「よりぬきBRUTUS」とすることに。担当エディターの辛島いづみさんに話すと、「ああ、私、ちょっと前に復刊した『よりぬきサザエさん』をデザインした大島依提亜さんを知っていますよ」。な、なんと! それならいっそのこと大島さんにデザインを依頼してみよう、ということで快諾いただき、さらにはエディターの九龍ジョーさん、テレビ東京から独立された名物プロデューサー五箇公貴さんも合流し(どこかドラクエのパーティー作りのよう)、毎日、会議室で読み続けること、918冊。「うわー、このボサノヴァ特集、懐かしい! 学生の頃買ったよ」「赤塚不二夫さんの見開き一枚絵、強すぎ!」と皆でワイワイ盛り上がりながら作りました。当初の目標はこの雑誌がどんな視点で、何を、どう伝えてきたか、「BRUTUSの正解」を見つけることだったのですが、そこまで到達できたかはともかく、補助線くらいは引けたかもしれません。BRUTUS40年の歩みにぜひ触れてみてください。

●斉藤和義(本誌担当編集)
BRUTUS 919号:From Editors
918冊、やはり初号から読むべし、と襟を正して読み始めたはいいが、「40年前のタモリさん!」「これ、村上春樹さんの書き下ろし短編だよ!」などといちいち盛り上がってしまい、遅々として進まず。気になるところに付箋を貼っていたらあっという間にこの状態に。左は1982年の「東京」特集で、表紙イラストは初代アートディレクターの堀内誠一さんによるもの。今見てもまったく古びない魅力があります。


ブルータス No. 919

東京の正解

880円 — 2020.07.01電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 919 —『東京の正解』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。