マガジンワールド

おらが故郷の自転車道。 From Editors No.921

From EditorsNo.921 フロム エディターズ

おらが故郷の自転車道。

「ナショナルサイクルルート」を知っていますか? 2019年に始まった制度で、『日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングロード』を認定するというものです。現在指定を受けているのは、広島と愛媛を結ぶ〈しまなみ海道サイクリングロード〉、滋賀県の〈ビワイチ〉、そして、おらが故郷・茨城の〈つくば霞ヶ浦りんりんロード〉。素朴な名称に茨城感をひしひしと感じますが、ベテラン自転車ライターさん曰く「都心からアクセスしやすいサイクルルートで、あそこまで景色が開けているのは珍しい。初心者ライダーでもわかりやすく走る楽しさを味わえる良いコースですよ」とのこと。そんなに素晴らしいならば、行ってみるしかないでしょう! ということで、土浦ロケへ行ってきました。

JR常磐線で1時間、土浦駅に着いたら駅ビルのサイクルショップでビアンキのe-Bike〈LECCO-E〉をレンタルし、霞ヶ浦へ。少し走っただけで、いっきに風景が変わります。左手はいちめんの蓮畑、右手には太陽を反射する湖畔が。平日で人が少なかったこともあり、目の前には誰もおらず、景色を独占しながら走るのは、とにかく気持ちがいい。この日はチャレンジしませんでしたが、筑波山側のコースに挑むのも面白そうです(普段ろくに運動をしていない私は、電動アシスト必須ですが)。

本誌では、りんりんロードだけでなく、しまなみ海道、ビワイチについても紹介しているほか、いつかは走ってみたい海外の名サイクリングロードのページもあります。「ここを走りたい!」というとっておきの目的地を、ぜひ探してみてください。

●鴨志田早紀(本誌担当編集)
BRUTUS 921号:From Editors
サイクリングのあとは、駅ビル〈プレイアトレ土浦〉で開催されていたロードレース漫画『弱虫ペダル』の原画展へ。アツイです。
サイクリングのあとは、駅ビル〈プレイアトレ土浦〉で開催されていたロードレース漫画『弱虫ペダル』の原画展へ。アツイです。


ブルータス No. 921

いい自転車。

700円 — 2020.08.03電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 921 —『いい自転車。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。