マガジンワールド

カルチャーの震源地”始まりの店”へ。 Special Contents BRUTUS No.935

Special Contents カルチャーの震源地”始まりの店”へ。

ロカビリー、パンク、アメカジ……。今となっては馴染み深い、海外由来のファッションジャンル。それらが日本に根づいた背景には、いつだって初めて取り入れたお店の存在がある。起源を求めて、いざ、“始まりの店”へ。

アメリカン・ライフスタイルショップの始まり。OUT POST

●六本木

shopdata
2003年に閉鎖されたメキシコ工場で生産された〈リーバイス〉のデニムなど、ニューヴィンテージなアイテムもデッドストックで販売中。●東京都港区六本木4−10−11 小田切ビル☎03・3408・7513。11時〜19時。日曜・祝日休。

〈リーバイス〉の501が中心にある生活とは?

〈アウトポスト〉ほど時代を先取りし続けた店も珍しい。実際、アメリカ文化に強い憧れを抱いていた小田切明夫さんが、“〈リーバイス〉の501が中心にある生活”を提案すべく店を始めたのは、1973年だ。『POPEYE』はおろか『Made in U.S.A catalog』すら世に出ていない時代に、そのコンセプトを考えついていた先見の明には驚くしかない。さらに言えば、創業当初のショップカードには“NEW LIFE STYLE SHOP”とある。今では耳慣れた言葉だが、おそらく最も早い使用例だろう。

その先取りぶりは、小田切さんがアメリカで買い付けてきた商品にも表れている。カトラリーやコーヒーミルといった雑貨から郵便受けや家具まで、日本人には未知なる米国製品ばかり。あるいは、〈カーハート〉のワークジャケット、〈シエラデザインズ〉のマウンテンパーカなどを通じて、アウトドアをファッションに取り入れ“アメカジ”的なスタイルを、日本に根づかせた点も見逃せない。創業当時から変わらない山小屋のような店内では、今もその息吹を感じられるはずだ。


bu935-sp-a-8
bu935-sp-a-7
「アウトポスト」とは、前哨隊の最初の拠点を意味する軍隊用語。そこに込めた思いを「新しい文化の発信地になれば」と語る小田切さん。


bu935-sp-a-1
レジ奥の壁は、アメリカンなグッズで埋め尽くされている。
bu935-sp-a-2
コロラドのブランド〈ハイン〉のバックパック。
bu935-sp-a-6
創業当時のショップカード。


bu935-sp-a-3
創業当時に買い付けた商品の写真。
bu935-sp-a-4
店内では古雑誌やアウトドア道具も販売。
bu935-sp-a-5
〈リーバイス〉をはじめ現行品も充実している。



ウエスタンファッションの始まり。BAILEY STOCKMAN

●外苑前

shopdata
東京に現存する最古のウエスタンショップ。〈リオス・オブ・メルセデス〉〈ブラックジャック〉のブーツはカスタムオーダーもできる。●東京都港区北青山2−11−17☎03・3408・4763。11時~20時。水曜・木曜休。

ウエスタンブーツが彩った東京ファッションシーン。

〈トニー・ラマ〉〈リオス・オブ・メルセデス〉〈ブラックジャック〉。いずれもアメリカのウエスタンブーツブランドの名前であるが、これらを東京において広く知らしめたのが、1974年オープンの〈ベーリーストックマン〉だ。移り変わりの激しい東京ファッションに流されることなく、常にそこに在り続けた。実際、トレンディドラマブーム全盛期の80年代後半、浅野ゆう子を中心にして“サンタフェ・ファッション”が流行したときも、90年代に入って“渋カジファッション”に身を包んだ青年が徒党を組んで街を闊歩していたときも、そこにはいつもウエスタンブーツがあった。

そして、忘れてはならないのが、〈リオス・オブ・メルセデス〉を東京に初めて持ってきた店であるということ。アメリカ南部に拠点を持つそのブランドに信頼されるまでは時間がかかったそうだが、最終的に真摯な態度が伝わり、取引がスタートした。ウエスタンブーツを普段使いする。その価値観は、〈ベーリーストックマン〉がなければここまで浸透していなかったかもしれない。


bu935-sp-b-1
〈リオス・オブ・メルセデス〉や〈ブラックジャック〉が中心。デザインはすべて店のオリジナル。
bu935-sp-b-2
現店主の横山健児さんに聞けば正しいブーツの磨き方を教えてくれる。


bu935-sp-b-3
〈リオス〉のオーナーたちを収めたポスター。
bu935-sp-b-5
10周年記念パーティの招待状。
bu935-sp-b-6
店オリジナルのウエスタンシャツ。


bu935-sp-b-7
〈トニー・ラマ〉のバックルを使った掛け時計。
bu935-sp-b-4
カウボーイのためのライフスタイル雑誌も販売。
bu935-sp-b-8
馬のオブジェは店の目印。


ブルータス No. 935

始まりの服

800円 — 2021.03.15電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 935 —『始まりの服』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。