マガジンワールド

20年通って、7年目。いろいろ調べてみたら、新たに通うべき店が見つかりました。 From Editors No.854

From EditorsNo.854 フロム エディターズ

20年通って、7年目。
いろいろ調べてみたら、
新たに通うべき店が見つかりました。

2010年に特集『20年通えるバー』を作って、気がつけば7年。時が経つのは早い。特集づくりをきっかけに、通い始めた店はいくつかある。あの頃は、空前のハイボール人気に端を発してのウイスキーブーム。通い始めたバーでは、ウイスキーの希少なオールドボトルを飲むことが多かった。

バーに行くと、必ずバーテンダーさんに聞くのが、「いいバー知りませんか?」。横のつながりを大事にする業界。聞けば、必ず何軒か教えてくれるものだ。

新しい店を探り始めると、以前とちょっと変化が。バックバーのお酒の種類が、薬草系に。いままでカクテルの素材で使われなかった、たとえば味噌やお茶、白檀などなど、予想外のものを使って、カクテル作りをするバーテンダーが増えていた。

いま、バーでは、あたらしいことが起きている。

時を共有しながらともに成長できる、
新世代のバーテンダーがいるバーを中心に。
東京、京都で新しい試みに挑戦しているバーを紹介。

読んでから飲むか、飲んでから読むか。読みながら飲むか。

 
●︎︎︎杉江宣洋(本誌担当編集)
brutus-editor-854-11
特集で取材した世界を股にかけるバーテンダー・後閑信吾さん。「帰国すると必ず訪れるバーはありますか?」という問に対して返ってきたのが、新井薬師前駅から徒歩15分にあるバー(看板はスナック)〈日登美〉。お客を楽しませるすべてが揃っている、と世界一のバーテンダーが太鼓判を押す。主人の坂本憲三さんがくりだすカクテルと、トークと、そして……。ぜひ一度体感して欲しい。


ブルータス No. 854

20年通えるバー。

650円 — 2017.09.01
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 854 —『20年通えるバー。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。