マガジンワールド

大人になってはじめて気づく伝統建築の素晴らしさ。 From Editors No.862

From EditorsNo.862 フロム エディターズ

大人になってはじめて気づく
伝統建築の素晴らしさ。
銀閣で有名な慈照寺には、東求堂というもうひとつの名建築がある。通常、内部は公開していないが、秋の特別拝観の時期に重なったため取材撮影の許可が降りた。朝7時前。11月ともなると京都の朝は寒い。足に来る寒さだ。その寒さを吹き飛ばすような熱量で、東求堂の魅力を語る建築家の佐藤光彦さん。曰く「東求堂は日本の伝統建築ベスト3に入れてもいいと思っています」。和室の原形とも言われ、違棚、開けた障子から絵画のように目に入る庭の紅葉、狭さを感じさせない壁の工夫や建具の意匠など、小堂に詰まった国宝の見どころを、早朝、誰もいない環境、プロのガイドつきで堪能できたのは何よりの経験だった。中の撮影が終わり、8時半を過ぎると、続々と修学旅行生や団体客が入場してくる。「うちは他所さんより30分早く開けるので、修学旅行や観光コースの一番最初になっているんです」とは庶務課のご担当。ドッと押しよせる修学旅行の学生の列が、外観の撮影を残した我々の横を足早に通りすぎて行く。足を止め、建物や風景を熱心に見ているのはごく一部の学生。そんな姿を若き自分に重ね微笑ましい気分になるのだった。自分の中学の修学旅行は中尊寺金色堂、高校は厳島神社。建物の記憶は、ほぼない。確かに、マジメに見てなかったよな、と。大人になって初めてわかるそのすごさ、美しさ。あそこ、昔行ったことあるからな、と言うなかれ。古建築は、大人になっての訪問こそ面白い。この特集を読んでおけば、さらにその見方が変わるはず。
 
●︎︎︎星野徹(本誌担当編集)
bu862-fe2d
bu862-fe2c
他の名建築もいろいろと。(上)人生初めて訪れた清水の舞台。舞台上というより、舞台を支える足場が気になったのは今回の特集でいろいろと勉強したおかげ。(下)平等院鳳凰堂は、貴重なライトアップが見られました。特集でも紹介。


ブルータス No. 862

建築を楽しむ教科書 伝統建築編

680円 — 2018.01.12
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 862 —『建築を楽しむ教科書 伝統建築編』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。