マガジンワールド

こんな時代だから、 最高の音楽と出会いたい。 From Editors No.863

From EditorsNo.863 フロム エディターズ

こんな時代だから、
最高の音楽と出会いたい。

私たちの生活から“音楽”が少しずつ遠ざかっている気がします。テクノロジーの進化によって、 手に入りやすく、身近になっているはずの“音楽”。 しかし、いつの頃からか、街から“音楽”が聴こえてこなくなってしまいました。 お店に入っても、お茶をしていても、テレビを見ていても、そして、街を歩いていても。 私たちの聴きたい“音楽”が、街から聴こえてこなくなりました。

“音楽”には“文脈”があります。 歴史や背景、今の時代性、描かれる物語、作り手の思いやつながり。 “文脈”とは、その“音楽”が、今、そこに存在する理由です。 ただ気持ち良いから、という理由で“音楽”を聴くのも、その醍醐味だと思います。 しかし、その“文脈”を知り、音楽体験をした時、“音楽”を聴く、という行為は、 より豊かな行為に変わっていきます。

山下達郎というアーティストがいます。言わずもがな、日本を代表する音楽家、ミュージシャンです。40年近く、音楽シーンの第一線で、多くの名曲を生み出してきました。 彼を語る上で忘れてはならないラジオプログラムがあります。
日曜日14時からはじまる『山下達郎のサンデー・ソングブック』。25周年を迎えたこの人気ラジオプログラムは、山下達郎さんの膨大な音楽コレクションから構成され、 多様な“音楽”の紹介とその聴き方を発信されてきました。 彼が選ぶ、語る“音楽”は、聴く者に(もしその音楽を聴くのが初めてであったとしても)、 なぜか幸せな気持ちにさせてくれます。“音楽”を聴くという行為を、より豊かなものにする。そう考えた時、山下達郎さんとブルータスの音楽特集を作ってみたい。そう思い立ちました。こんな時代だからこそ、最高の音楽と出会いたい。山下達郎さんと作る音楽の特集が、街から、私たちの聴きたい“音楽”が聴こえてくるきっかけになれば、と考えます。

 
●︎︎︎伊藤総研(本誌担当編集)
bu863-fe-1
1997年にリリースされたCD『GRAETST HITS!OF TATSURO YAMASHITA』が最もたくさん聴いたであろう山下達郎さんのアルバム。1982年リリースの初のベスト盤を本人監修によるデジタル・リマスタリング版。このアルバムを聴くと大学卒業前後の時期が一気にフラッシュバックします。楽しかったことも、苦しかったことも。


ブルータス No. 863

山下達郎のBrutus Songbook

680円 — 2018.02.01
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 863 —『山下達郎のBrutus Songbook』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。