マガジンワールド

魚定食で昼食を。 From Editors No.867

From EditorsNo.867 フロム エディターズ

魚定食で昼食を。

新年度、新しい職場、新しい環境に入る方も多いことと思います。ひと息入れるランチの時間、今日は魚定食、いかがでしょうか? 魚の煮付けや焼き魚とごはん、お味噌汁。この時ばかりは日本に生まれてよかったと思います。

BRUTUS編集部のあるマガジンハウスは、東銀座にあります。そう、いま魚市場のある築地の目と鼻の先です。今号でももご紹介した築地〈魚竹〉はじめ、周辺には魚料理が食べられるお店が数多くあるのですが、仕事がら外出が多く、じつは会社の周りでごはんを頂くことは多くない。今回の特集を作ることになった時、改めて築地の場内や場外、そして銀座やほかの街でも魚定食を食べる機会がありました。そして、魚市場のお膝元という地の利を生かしてこなかったマイごはんライフを激しく後悔……。

サバの味噌煮、サワラの西京焼き、ブリの照り焼き、クエの骨煮、ねぎま鍋、アジフライ、季節のお刺身etc……。魚種も調理法もこんなに多様、毎日食べても全然飽きない、疲れない。魚定食のおいしさ、楽しさにすっかり開眼しました。そして、築地場内の〈高はし〉、銀座の〈三亀〉、赤坂〈とゝや魚新〉など、魚定食のおいしいお店に行くと必ずと言っていいほど目に入ってくるのが、小津映画から抜け出したような感じのいい紳士が、昼からお酒を一献やりながら魚料理を楽しむ景色。それも含めて継承したい文化だなぁ、としみじみ思います。

慌ただしくなりがちな新年度ですが、日常や、大仕事の後のご褒美ランチで、魚のおいしい店に誘われたら、上司でも、同僚でも、なんか信頼できる、また一緒に頑張ろう、と思える気がします。ですから、今日はみなさんお誘い合わせのうえ、魚定食で昼食を。​

●︎︎︎草野裕紀子(本誌担当編集)
BRUTUS 867号:From Editors
赤坂〈とゝや魚新〉のクエの骨煮の定食。勝負前後のランチにもってこいの、価値ある1,800円。●東京都港区赤坂5-1-34The Quater House1F ☎03・3585・4701。11時30分〜14時LO、17時30分〜21時30分〜21時30分LO。定食は昼のみ。日曜・祝日休。


ブルータス No. 867

おいしい魚が食べたくて。

680円 — 2018.04.02
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 867 —『おいしい魚が食べたくて。』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。