マガジンワールド

ワークウェアは永久に不滅です。 From Editors No.912

From EditorsNo.912 フロム エディターズ

ワークウェアは永久に不滅です。

2020年春夏のSTYLEBOOKのテーマは、服好きを魅了してやまない「ワークウェア」。いつも特集を作り始める前に自分のクローゼットを見返すのですが、例にも漏れず、そこにはたくさんのワークウェアがありました。チノパン、ワークシャツ、デニム、ミリタリーコート、ジャンプスーツ、カバーオールなどなど。しかも、どれも微妙なディテールや年代別で何着も。よくもまあ、こんなに同じような服を買ったな、と過去の自分を戒めつつ、ワークウェアというプロダクトの魅力を再確認しました。

ワードローブの次は、主要ブランドのコレクションを見直すのですが、今シーズンも本当に多くのワークウェアがワンウェイを彩っていました。世界中のデザイナーたちが趣向を凝らし、メンズウェアの原点であり大定番のワークウェアをアップデート。愛を持って生み出された逸品たちに胸が踊りました。

世界的なワークブランドとデザイナーズブランドの異種タッグが生んだ、ダック生地のテーラードジャケット。タフで無骨なイメージのワークシャツを、艶やかなシルクでドレスなムードに仕立てた一着。様々な年代のアーカイブからディテールを散りばめたミリタリーパンツ。エンジニアブーツやペインターパンツといった、職業を冠するアイテムコレクション……。最新アイテムを集結させ、モノの面白さはもちろん、新しい気づきのあるカタログを作りました。15カテゴリーで全99点、大ボリュームでワークウェアの魅力お届けします。その奥深さに触れ、知識とワードローブをぜひ更新してください。

●辻田翔哉(本誌担当編集)
BRUTUS 912号:From Editors
オーバーオールとジャンプスーツ(ツナギ)が、元はどちらも体を覆う防護服で、「カバーオール」と一括りにされていることを知りました。オーバーオールはよく着るけど、ジャンプスーツは少しハードルが高いような。また、その逆も然り。僕は前者でしたが、ルーツは同じ、ということで、今季はジャンプスーツも積極的に着ていこうと思います。


ブルータス No. 912

WORK WEAR 働く服は美しい。

750円 — 2020.03.16電子版あり
試し読み購入定期購読 (20%OFF)
ブルータス No. 912 —『WORK WEAR 働く服は美しい。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。