マガジンワールド


From Editors No. 769 フロム エディターズ

From Editors 1

抗生物質を飲むような読書より、
心が健康になるような読書を。
余談ですが、「スイミー」好きが高じてこんなトートバックまで持ってます。おっさんになってから買いました。でも、持ち歩くたびに知らない子供たちが寄ってきてなにかと大変だったので、今は社内打合せ用に使っています……。
余談ですが、「スイミー」好きが高じてこんなトートバックまで持ってます。おっさんになってから買いました。でも、持ち歩くたびに知らない子供たちが寄ってきてなにかと大変だったので、今は社内打合せ用に使っています……。
今回の特集のタイトルは「この本があれば、人生だいたい大丈夫」。イマドキハヤリのビジネス書にはあり得ないような、ちょっと歯切れの悪いタイトル。でも本とのそんな距離感が、ココチよい読書には必要だと思うんです。本を読んだらすぐに自分のヒットポイントが上がると過剰な期待をしないこと、情報をかき集めるより大事なのは自分なりの答えを見つける想像力だということ。本があなたのそばにあればだいたい大丈夫、でもすべての面倒なんて見てくれないからね、そんな気持ちを込めた特集です。

私が初めて何かを感じ学んだ本と言えば(ベタですが)レオ=レオニの描いた名作絵本『スイミー』でした。人とは違う個性があれば、いつか大事な役割を務めることができるんだ。そう読み取った幼稚園の頃の僕は、なにかと個性的であることを目標として幼少期を過ごしました。「スイミー」からは、みんなで力を合わせることの大事さだったり、いろいろな読み解き方ができると思います。けど、それは読んだ人が勝手に感じとり、自分の糧にすればいい。規定されない読み方こそが読書の愉しみだと、改めてそう思っています。

今回の特集にはいろいろな本読みの方々が登場します。彼らは「愛されるため」や「幸せな結婚をするため」や「出世するため」の本を紹介してくれるわけではありません。むしろ「嫌われたって大丈夫」だったり「恋愛や結婚に何度失敗したって大丈夫」だったり「就職しなくても大丈夫」だって思える本を紹介してくれています。でもそれは決して慰めのための本ではないのです。それは、生き方には多様性があることを知るための、いやそんな大げさなことじゃなく、もやもやとしたココロを軽くして一歩前へと歩みを進めさせてくれる本。

この年末年始は、身近な目標へとダイレクトに辿り着くための読書よりも、今を受け入れ未来を楽しむための読書の時間にあててみてはいかがでしょうか。

●田島 朗(本誌担当編集)


From Editors 2

本をたくさん読むことは、
自分に味方をつけること。
伊藤さんが勧めてくれた3冊についていた付箋。カラフルな付箋づかいですが、色の使い分けなどルールはないのだとか。(写真・石原敦志)
伊藤さんが勧めてくれた3冊についていた付箋。カラフルな付箋づかいですが、色の使い分けなどルールはないのだとか。(写真・石原敦志)
6冊の本には、おそらく数百もの付箋が付いていました。ブロガーの伊藤聡さんと作家の松田青子さんが挙げた「追い込まれても大丈夫」だと思える本に、です。その日が取材であることを差し引いたとしても結構な数。それも、ビジネス本の類いではなく、6冊すべてが海外文学です。どうして付箋をつけたのか、詳しくは分かりません。いわゆるノウハウが書かれた本なら、少しだけ理由が分かりやすいのかも知れませんが、文学作品につけられた付箋は、気づきや感動、忘れたくない言葉を発見した“自分だけの印”です。

「帰る場所があるから大丈夫」をテーマに選書したのは、文筆家で『暮しの手帖』編集長の松浦弥太郎さん。3冊すべてが1,000ページを越えるマンガの大著で、自分の立ち返るべき場所が確認できるのだそうです。年齢を重ねて賢くなると、チャレンジを忘れてしまったり、自分を出さなくなるのだけど、レンガのような厚みを持った3冊は大事な原点を教えてくれるのだとか。松浦さんにとって、帰るべき場所のひとつは本棚にあるのです。

本に付いた付箋も、心の拠り所になるのかも知れません。ちょっとだけ気分が落ち込んだり、悩みごとで気持ちがざわざわしたとき、その場所を開けば読んだときに感じた気づきや癒しを思い出すことができる、心の拠り所。もちろん、心を軽くする1行を含んだ本は、誰にでも効く万能薬ではありません。読み手だけの“味方”です。

本はひとりで読むものですが、決して孤独にならないのは、自分だけの味方が増えていくからなのかも知れません。あなたの本棚にも、たくさんの味方が並びますように。

●阿部太一(本誌担当編集)