マガジンワールド


From Editors No. 834 フロム エディターズ

From Editors

美術館で観るアートと、
共に暮らすアート。
その違いはどこに?

日本人って美術館への来場者は多いわりに、アートマーケットがなかなか育たないという状況がありました。アートを鑑賞する知的好奇心、文化的素養はあるけれど、買うとなると急に「お金持ちの道楽!」と思い込んでいるところがあるのかも。もちろんアートを買おうと思うと、それなりのお値段はするので、間違いではないのですが。

ただ道楽は道楽であっても、今回アートコレクターの方々を取材していて気付いたのは、もうちょっとドロドロしたものがあるぞと。それは業であったり、執着であったり、夢であったり、愛というのかもしれず。

あるコレクターは元々アートにとくに興味もなかったけれど、一つの作品に出会ったときに「その場を離れられなくなった」と語っていました。離れられないのであれば買うしかない。安くはなかったけれど、清水ジャンプでえいっ!と購入して、その作品を部屋で日々観続けていたら、自分とアートとの距離が変わることに気づいたそうです。作品への理解と共感がぐっと深まり、その作家の成長を我が事のように期待するようになる。それ以来ずぶずぶとコレクター道にハマっていったとのこと。

この衝動と体感を知っている人は、やはりアートと「暮らしたい」と思うようです。それは美術館で作品を鑑賞するのとは、まったく別の体験で。「アート好き」を自認するなら、一度えいっ!と買ってみると、アートの新しい楽しみというのが見えてくるかもしれません。

 
●︎︎中西 剛(本誌担当編集)
今回の特集ではコレクター入門BOOKを封入。今ならまだ買える、でも数年後には手が届かないかもよ的な有望作家のカタログもつけました。気になる作家が見つかったら、ギャラリーに足を運んでみてください。
今回の特集ではコレクター入門BOOKを封入。今ならまだ買える、でも数年後には手が届かないかもよ的な有望作家のカタログもつけました。気になる作家が見つかったら、ギャラリーに足を運んでみてください。