マガジンワールド


anan総研 今週のお題は「気になる男」。

 
anan総研 意識&行動リサーチ2015
お 題

気 に な る 男

昔、見た目。今は、男らしさ?! 男を見る基準は自分の成長の証。
anan読者200人超で作る「anan総研」。
アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。
※会員は退会している場合もあります。
https://www.facebook.com/anansoken


Q 
(既婚未婚、彼氏いるいないにかかわらず)
今、恋愛対象として気になる人はいますか?
(既婚未婚、彼氏いるいないにかかわらず)今、恋愛対象として気になる人はいますか? YES 65% NO 35%


 

今週のanan総研メンバー
No.113 原田あかねさん(27歳)原田あかねさん

受付。趣味の時間をもっと楽しもうと、ダンスやポーセラーツに挑戦中の毎日。近々予定している夫との潮干狩りデートが楽しみ♡


No.119 斎藤克衣さん(28歳)斎藤克衣さん

相続診断士。今月はお花見、来月は海外旅行とプライベート充実の春。体作りのためにゴルフやマラソンなど苦手なスポーツにもチャレンジ中♪


No.161 有川沙智絵さん(29歳)有川沙智絵さん

販売員。来月開催されるエアレースの観戦が今から楽しみ! 飛行機のモータースポーツだからこその迫力とスピード感はヤミツキになります。



 

男らしさと子供っぽさ。このギャップに萌える!

原田 恋愛対象として気になる男性がいると答えたのは65%!
斎藤 若者が恋愛しない、みたいなことがニュースで報じられている昨今の中では、高い数値じゃない?!
有川 誰でもいいからちょっと気になる人を作ることは女子力を上げることにつながる、って『アンアン』で見た気がしたから、anan総研メンバーとしては当然の結果?(笑)
原田 気になるタイプでは、顔や服装など外見を挙げたのは少数派なんだね〜。
斎藤 今は一緒にいて落ち着く人が好きだけど、昔は、とにかくイケメンでモテるタイプが好きだったなあ。
有川 あえてモテるタイプを好きになっちゃっていたんだ!
斎藤 もともとメンクイという自覚はあったんだけど、モテる人=カッコイイ人、っていう思考があったのかも。性格が合うとかは二の次だった(笑)。
原田 3人とも20代後半だけど、好きになるポイントって変わってきているよね。
斎藤 たしかにそう。それだけ自分自身も大人になっているのかな、って気もするね。
有川 「あ、いいな」って男性に感じる瞬間もそう。二人はどういう時にぐっとくる?
斎藤 私はお兄さんみたいな口調でこちらを気遣ってくれた時。相談をしたら、真剣にうなずいて聞いてくれた後、「克衣ちゃんは大丈夫。ちゃんと頑張っているから」と笑顔で一言だけ。一瞬でヤラれました(笑)。
有川 自分を認めてもらいつつ、甘えてもいいんだよ、と嫌みなく言われると、その人の器の大きさを感じるよね。
原田 それとは逆だけど、歯医者が嫌いな主人が、電話で予約した後に、「やっぱり行きたくないー」と子供のように甘えてきた時はキュンとした!
有川 かわいい! 私は、エスカレーターやドアで、さりげなく背中に手を添えて前に出してくれる仕草がすごく好き。レディファーストな男性は基本的にドキッとします。
斎藤 できる日本人男性が少ないだけにポイント高いよね。
有川 学生時代の男友達と飲みに行った時に、ごく自然にそれをやってもらって…。大人になったなぁ〜ってドキドキした!
原田 そういうさりげないことから、無意識に〝気になる男〞に昇格するんだよね。
斎藤 で、気が付いたら恋に落ちてしまっている、と(笑)。
原田 女心は複雑といわれるけど、実は単純なのかも!

 
写真・土佐麻理子 石原敦志 文・薮内加奈