マガジンワールド

今週のお題は「ライバル」。anan総研 2080号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2017
お 題

ライバル

心を乱す存在だけど、向き合えば自分の成長に!
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken


Q 「ライバル」だと思う人がいる、または、いたことがありますか?

Q. 「ライバル」だと思う人がいる、または、いたことがありますか? A. YES 72%、NO 28%
仕事に恋に、闘志の火花が散る!
約7割に、ライバルの存在が。「営業でトップ争いをした先輩がいた」(28歳・営業)、「高校生の頃、モテ男を友達と取り合った」(26歳・自営)など、社会人は仕事、学生では恋愛でのライバルが目立ちました。



今週のanan総研メンバー
No.260
藤野澪花さん(22歳)
藤野澪花さん
学生。現役の女子大生。NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に2年連続出場。モデルからイベントMCまで、多方面で活躍中。
No.328
佐藤由佳さん(24歳)
佐藤由佳さん
広告。社会人2年目、負けず嫌いな性格を活かしながら、広告業界で働くキャリアガール。食べること、寝ること、アニメが大好き。
No.022
渡辺真由子さん(32歳)
渡辺真由子さん
主婦。インスタグラマーとして活動する美人ママ。2歳になる男の子と旦那さん、愛犬のポメラニアン「桃太郎」と幸せな日々を送る。


嫌だったライバルも、今では感謝の対象に。

藤野 二人には忘れられないライバルっている?
渡辺 私は学生時代に付き合っていた彼の、元カノ。彼が未練を抱いていることを知って、その子に勝手にライバル意識を抱いたの。彼女がサロンモデルをしていたから、人前に出るのが苦手な私も、同じ舞台に立とうと頑張ったんだよね。
佐藤 え、じゃあそれが真由子さんが読モになったきっかけ?
渡辺 そうなの。結局、撮影など違う部分で生活が充実して、元カノのことはいつの間にか忘れてた。でも彼女の存在があったおかげで、今この座談会にも参加できてるし、感謝だな。
藤野 いい話。恋敵は、女の子がかわいくなるための最大のモチベーションだよね。
佐藤 私は基本的に、自分が怠けないように、どんな場面においてもライバルを見つけるようにしてる。会社の同期と成績を競ったり、幼馴染みとは会うたびに近況報告をして、自分たちの成長を話し合ったりして。
渡辺 へぇ〜、ストイック!
佐藤 ストイックというか、一度決めたら、とことんやり込むオタク気質なの。ライバルがいるとさらにそれが発揮されるから、意識的に目標となる人を決めるようにしてるんだ。
藤野 記憶に新しいライバルでは、どんな人が?
佐藤 就活中に付き合っていた元カレかな。すごくサポートしたのに、その後あっさりフラれて。悔しかったから、彼よりもいい企業に就職することが目標に。結果、達成してスッキリ!
藤野 さすが、かっこいい! 
渡辺 アンケートでは、スポーツやドラマにおけるライバル関係も話題に上っていたね。
佐藤 浅田真央さんとキム・ヨナさん、この二人には私も感動を与えてもらったな〜。
渡辺 ちょっと渋いけど、私は『スラムダンク』の桜木花道と流川楓が憧れ。お互い嫌い合いつつも、チームメイトとして助け合い、高め合ってるところが理想的だなと思う。
藤野 あと、少し路線が違うけど、『花より男子』の道明寺司と花沢類の関係もいいな。私も牧野つくしになって、あんな2人に奪い合いされたい!!
佐藤 それって、女子なら誰もが、一度はする妄想(笑)。
藤野 ライバルの存在って、正直嫌だなと思う時もあるけど、振り返れば妥協せずに自分磨きするきっかけになっていたことばかり。ライバルとの出会い=より素敵な自分になれる転機、と捉えていけたらいいね♪
写真・水野昭子 文・中村朝紗子