マガジンワールド

今週のお題は「住まい」。anan総研 2170号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2019
お 題

住まい

家賃に立地…はずせない条件は? 
私の部屋のここが自慢♡
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken
https://ananweb.jp/soken/


Q
今の部屋、気に入ってる?
YES 86%, NO 14%
理想を言ったらキリがないけど、十分満足しています!
8割以上の人が「今の部屋を気に入っている」と回答する結果に。「お風呂で足を伸ばせる」(31歳・会社員)、「スーパーが近い」(33歳・自由業)など、それぞれのこだわりポイントが住み心地の良さにつながっているよう。



今週のanan総研メンバー
No.258
矢口裕美さん(33歳)
矢口裕美さん
看護師。新居周辺に美味しいお店がたくさんあるせいで、太りました(笑)。今はゆるめの糖質制限を実践中。年内に3㎏痩せるのが目標です。
No.142
高木晴香さん(36歳)
高木晴香さん
診療放射線技師。家での過ごし方を模索中。最近は本を読むようにしていて、漫画『進撃の巨人』にハマっています。早く全巻制覇したいです!
No.163
仲肥朝美さん(34歳)
仲肥朝美さん
企画営業。ハロウィンの10月31日が誕生日なのですが、私は“仮装”より“お寿司”。六本木にある行きつけのお寿司屋さんに行く予定です。

居心地いい部屋づくりで、家時間がもっと楽しく。

高木 二人は今の自分の家、気に入ってる?
矢口 うん、大満足! 今年の7月に引っ越したばかりなんだけど、部屋もお風呂も広いし、セキュリティが万全なところもとても気に入ってるよ。前よりも家賃は上がったけれど、山手線沿いで交通の便がいいところも嬉しい変化。
仲肥 私もわりと満足してるよ。一番のポイントは広さかな。ただ、築年数が少し経っている物件だから、水回りの古さだけが気になるところ。次の更新までに新しい物件に引っ越すのもアリかなって思ってる。
高木 私は旦那さんと二人暮らしなんだけど、今の家は彼が独身時代から住んでいる物件だから、少し部屋が狭いのがマイナスポイント。でも駅から徒歩2分で立地が最高なの!
矢口 確かに、駅から徒歩2分なんて物件なかなかないよね。
仲肥 立地、間取り、家賃…。どれをとるかは、正直言って難しいところだね(笑)。でも私の場合は、やっぱり広い家がいいな。家に人を呼ぶことが多いから、なるべくスペースはあったほうがいいなって。
高木 自宅でホームパーティとか憧れる。定期的に人を呼ぶようにすると、家の中もちゃんと整いそうだね。
仲肥 人が来るときは、納戸に荷物をまとめて入れたりもするけどね(笑)。あとは、半年に一回、断捨離したり。
矢口 えらい! モノが片付けば、広さも少しは妥協できるね。
高木 ところで二人は、インテリアはどうしてる?
仲肥 家具はなるべく木の素材で揃えて、ナチュラルな雰囲気にしてるよ。あとは、ドライフラワーのスワッグを飾ったり。夫婦二人暮らしだから、自分の趣味を取り入れながらなるべく女子っぽくなりすぎないようには気をつけてるかな。
矢口 私は逆に、一人暮らしだから自分の好きなようにしてるよ。ピンクが大好きだから、家具や布団カバーとかも全部ピンク♡ 好きな色に囲まれていると自分が元気になれるから、自分の部屋くらいは振り切っちゃってもいいかなって(笑)。
高木 それもアリだよね。家で過ごす時間って意外と長いから、自分がリラックスできる環境づくりって大切。部屋ごとじゃなくても、たとえばキッチンとか、お気に入りのスペースをつくるとかでもいいし。
矢口 今でも十分満足だけど(笑)、これからもっと居心地のいい部屋にしていきたいな!
写真・大島千尋 角戸菜摘 文・瀬尾麻美
アンアン No. 2170

開運行動学。

620円 — 2019.10.02電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2170 —『開運行動学。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。