マガジンワールド

今週のお題は「防犯意識」。anan総研 2066号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2017
お 題

防犯意識

みんな一度は経験アリ!? 女の身近に潜む“キケン”。
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken


Q 日常生活で、怖い思いをした経験はありますか?

Q.日常生活で、怖い思いをした経験はありますか? A.YES 79% NO 21%
被害報告、多数! それでも女は強かった。
約8割のメンバーが「怖い思いをした経験がある」と回答。そんな中もっとも多かった被害が、“痴漢”。「満員電車の中でパンツに手を入れられそうになり、裁判沙汰になりました」(31歳・事務)、「痴漢に遭ったので、自分で捕まえて駅員さんのところに引っ張っていきました」(29歳・マスコミ)など、ただ事ではない事態を果敢に乗り切ったエピソードも。



今週のanan総研メンバー
No.031
関口百合子さん(30歳)
関口百合子さん
事務。韓国LOVE♡ 10年ほど前にハマり、今も月に1度のペースで旅行しています。韓国コスメでは『3CE』というブランドがおすすめ。
No.260
藤野澪花さん(21歳)
藤野澪花さん
学生。長かった就職活動も無事に終わり、今は残りの学生生活を満喫中。この夏いちばんやってみたいことは“ボルダリング”です!
No.328
佐藤由佳さん(24歳)
佐藤由佳さん
会社員。社会人1年目。先日、会社の行事で富士登山に挑戦しました。キャンプ、釣り、ラフティング…今年はアクティブに行動したいです!


危険を未然に防ぐには、日々の防犯意識が大事。

関口 これは私の友だちの話なんだけど、ひとり暮らしをしていたマンションのベランダに、ある夜、知らない男の人がいたことがあったんだって。
藤野 え、怖い!
関口 しかも犯人は、同じマンションの住人だったみたい。その日はたまたま窓に鍵をかけていたから大丈夫だったそう。
佐藤 危ないところだったね…。
関口 その話を聞いて、夏でもちゃんと戸締まりしないといけないなって思ったの。二人は今までに怖い思いをしたり、危険な目に遭ったことってある?
佐藤 私は自転車を盗まれそうになったことならあるよ。普段使っている駐輪場に停めていたら、2日後に別の場所で、ブレーキが壊された状態で発見されて。鍵をかけなかったことをめちゃくちゃ反省した…。
藤野 私、高校生の時に盗撮されたことがあって。ある日、バス停で並んでいたら、隣の中学生のグループの子が「お姉さん、あの男の人に写真を撮られています。僕たちも証言するので、一緒に警察に行きましょう」と言ってくれたの。その時、私はイヤホンをつけて音楽を聴いていたから、盗撮されているなんてまったく気づいてなかったんだけど。
関口 その中学生に感謝だね!
藤野 それ以来、一人で歩く時はなるべくイヤホンをしない、歩きスマホをしないとか、自分なりにいろいろ気をつけるようになったよ。
佐藤 それは私も気をつけてる。特に夜、駅から家までの帰り道はなるべく人通りの多い道を選んだり、「つけられてる」と思ったら適当にお店に入ったり。
関口 私も常に後ろに気を配りながら歩いてるよ。挙動不審かもしれないけど、むしろ“変な人”に見られたほうが、こっちにとっては好都合だから(笑)。
佐藤 あと最近は、ネットやSNSが原因で犯罪に巻き込まれるパターンも多発しているから、気をつけたほうがいいと思う。
藤野 以前、私の友だちもLINEを乗っ取られたことがあって。あと、むやみにSNSに位置情報をあげないことも大事。
佐藤 「○○なう」って写真をあげるのがいちばん危険だと思う。せめてプライベートのアカウントには鍵をかけるか、リアルタイムではなく時間差で投稿するとか、個人情報が特定されないようにする工夫は必要かも。
関口 もちろん困ったら警察や周りの人に相談するべきだけど、そうならないためにも、まず自分の身は自分で守らないと!
 
写真・水野昭子 森山祐子 文・瀬尾麻美
アンアン No. 2066

女子の流行モノ!/乃木坂46

600円 — 2017.08.23電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2066 —『女子の流行モノ!/乃木坂46』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。