マガジンワールド

今週のお題は「勝負服」。anan総研 2106号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2018
お 題

勝負服

さりげないテクニックで女らしさをアピールします!
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken


Q
好きなファッションのテイストは?
キレイめ48% カジュアル31% ガーリー7% モード7% セレブ5% スポーティ2%
働く女子はキレイめテイストがお好き!
普段の服装について、半数近くが「キレイめが好き」と回答する結果に。10代や20代前半はカジュアルやガーリーな服装を好んでいた人も、年齢を重ねるにつれて徐々に大人っぽくシンプルなテイストにシフトしていった模様。

今週のanan総研メンバー
No.099
伊藤瀬里香さん(31歳)
伊藤瀬里香さん
会社員。1児のママなのですが、子どもが大きくなるにつれ、料理が楽しくなってきました。これからもっとレパートリーを増やしたいです!
No.122
武田奈々さん(27歳)
武田奈々さん
会社員。ストレスを発散したい時は、ふらっと一人で銭湯へ行くことが多いです。上野の「寿湯」や青山の「清水湯」、おすすめです!
No.145
福塚 愛さん(32歳)
福塚 愛さん
モデル。家の中のテイストをガラリと変えたくて、断捨離を実行中。家電マニア(笑)なので、最新アイテムをたくさんGETしたいです。


本当の“勝負”は、女子会でのコーディネート!?

福塚 最近、服買ってる?
武田 季節やタイミングによって変わるけど、季節の変わり目など多い時は10万円くらい使ってしまったり、少ない時は一着も買わない月もあるよ。
伊藤 学生時代、洋服屋さんでアルバイトをしていたことがあるから、ファッションは今も大好き。昔はキレイめなテイストのコーディネートが多かったのに、最近はカジュアルだったり、着心地のいい服を選ぶようになってきたかもしれない。
福塚 私も。柄物はあまり持っていなくて、無地やモノトーンとか、よりシンプルなアイテムを選ぶようになったな。そのほうがたくさん着回しできるって気づいたから。
武田 シチュエーションによって、服装のテイストは変えている? 例えば飲み会やデートだったり…。
伊藤 そこまでガラリとは変えないかな。でも、例えば飲み会の時なら、いつもよりカジュアルを心がけてる。普段はかなり高めのヒールを履くことが多いけど、あまり背が高いと変に目立っちゃうから、あえて可愛いスニーカーを履いていったり。お気に入りのNIKEのシューズは、スニーカー好きの男性によく褒められる♡
福塚 20代の頃はミニスカートとか、脚を大胆に見せるファッションを選ぶことが多かったけど、最近はデコルテがきれいに見えるものを着るようになったかな。特にオフショルダーはテッパン! デートの時は、白いトップスにベージュのスカートかデニム。派手すぎないけどおしゃれな感じを狙ってるよ。
武田 私は、デートするなら肌が少し透けるシフォンだったり、女性らしいけど甘すぎないテイストの服を着るだろうな。もちろん、TPOも大事!
福塚 やっぱり男性は、わかりやすいアイテムが好きだよね(笑)。逆に、“勝負服”という意味では、女子会のほうがコーディネートには気を使うかも。写真を撮ってSNSにアップすることも多いから、前に着たことのある服は着られないし…。
伊藤 それ、わかる(笑)。適度にトレンドも追いかけないといけないし、ハードルは高い!
武田 とはいえ、以前に比べて「モテ」とか「〇〇ウケ」は気にならなくなってきたかも。結局は自分に似合うもの、好きなものを着ればいいかなって。
伊藤 それもそうかも。最終的には、シンプルな服をおしゃれに着こなせる大人の女性になることが、私の今の目標!
写真・水野昭子 文・瀬尾麻美
アンアン No. 2106

夏の料理、これだけで。

550円 — 2018.06.13電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2106 —『夏の料理、これだけで。』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。