マガジンワールド

今週のお題は「ヘアスタイル」。anan総研 2171号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2019
お 題

ヘアスタイル

やっぱり髪の毛は女の命! 
みんなが悩む、ヘアスタイル事情。
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken
https://ananweb.jp/soken/


Q
今のヘアスタイルには満足していますか?
NO 54%, YES 46%
うまくセットできるかどうかが満足・不満足の分かれ目に。
今のヘアスタイルに満足している人、していない人が半々で分かれる結果に。ただし、なかには「カット直後は満足するけど、それが再現できなくて困る」(34歳・会社員)という人も。髪の毛のセットは最重要課題かも?



今週のanan総研メンバー
No.061
江本静華さん(31歳)
江本静華さん
会社員、モデル。12月に温泉旅行、11月と来年2月は海外旅行をする予定です。どんな体験ができるか、今からワクワクしていて、仕事も頑張れそう!
No.019
近藤えりこさん(35歳)
近藤えりこさん
アーティスト。今年リリースするアルバムの制作をしながら、最近飼い始めた犬のしつけに追われる毎日…。思うようにいかないけど、楽しんでいます!
No.063
尾谷 萌さん(31歳)
尾谷 萌さん
会社員。今年の秋は沖縄へ女子旅をするつもり。ダイビング、ドライブ、沖縄ごはん、夜遊びなど、女子だけの時間を目一杯満喫してきます!

第一印象を左右するからこそ、こんなに悩む。

尾谷 約半数のメンバーが今のヘアスタイルに満足してるんだね。みんな、自分に似合う髪型がわかっていてすごいな〜。
近藤 満足してないの?
尾谷 全然満足してないよ。前髪の癖が強くて、汗をかいたり湿気が多かったりすると、すぐに崩れるの。本当、困る…。
江本 私も満足してない。ここ2年くらいボブのパーマなんだけど、急に飽きちゃって。近藤さんみたいなロングヘアに憧れてて、伸ばしたいんだよね。
近藤 そっか〜。私、髪の毛が伸びるの早くて、仕方なくロングにしてるんだけどね。
尾谷 ヘアスタイルってどれくらいの頻度で変えてる?
近藤 学生時代からロングで、もう15年くらい変えてない…。
江本 そんなに!? 私は半年に一回くらいの頻度で、パーマをかけたり色を入れたりしてるよ。
尾谷 私もそれくらいかなぁ。
近藤 新しいヘアスタイルって、どうやって決めてるの?
江本 気分だね(笑)。
尾谷 そうそう、気分に左右される。それと、人気の女優さんの髪型を参考にしたりとか。
近藤 なるほどね〜。最近、バッサリ切ろうか迷ってて。毛先がどうしても傷んじゃうんだ。
尾谷 ロングだと傷みも目立つもんね。コテを使うとき、低めの温度に設定しておくと傷まなくてオススメだよ。
近藤 ありがとう! 早速明日から取り入れてみる〜!
江本 サラサラのロングも、それを維持するのが大変なんだね。憧れてるけど、ちゃんとメンテナンスできるか不安だな…。
近藤 でも、セットが面倒なときは結んじゃえばいいっていう楽さもあるよ(笑)。
尾谷 確かに、ショートの方がセット自体は面倒だよね。
近藤 そう。でも、一度でいいから金髪のベリーショートにチャレンジしてみたいんだ。
江本 すごい挑戦的! でも、それが似合ってる人ってすごくカッコよく見えるよね!
尾谷 派手なヘアスタイルが似合う人って、自分のチャームポイントが理解できているのかも。私はそこまで目立つヘアスタイルにはできないけど、ハイライトとローライトを入れて、もっと髪の毛に動きを出したいんだ。
近藤 いいね! それだけでもだいぶ印象が変わりそう。
尾谷 髪の毛って、服よりも重要じゃない? 第一印象がそれで決まっちゃうし。
江本 気持ちも表れるもんね。
近藤 そうかも〜。だからこそ、みんなこんなに悩むんだろうね。
写真・大嶋千尋 角戸菜摘 文・五十嵐 大
アンアン No. 2171

カラダにいいもの大賞2019/木村拓哉

600円 — 2019.10.09電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2171 —『カラダにいいもの大賞2019/木村拓哉』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。