マガジンワールド

今週のお題は「国内旅行」。anan総研 2111号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2018
お 題

国内旅行

おいしい食事や地元の人との触れ合いが旅の醍醐味です!
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken


Q
国内旅行は年に何回くらい行きますか?
1~3回 57%、4~6回 29%、7~10回 6%、11回以上 4%、行かない 4%
ほぼ全員が年に一度は国内を旅しています。
年に4回以上は国内を旅する、という人が約4割という結果に。今夏におすすめの場所を聞いてみると、「沖縄」(24歳・会社員)などの海辺派と、「軽井沢や北海道」(33歳・会社員)のような避暑地を目指す派に二分。

今週のanan総研メンバー
No.260
藤野澪花さん(22歳)
藤野澪花さん
会社員。テレビドラマや映画などエンタメ作品を観ることや、聖地巡礼に興味あり。旅先の京都で着物を着たことが思い出に残っているそう。
No.023
金泉紗恵子さん(31歳)
金泉紗恵子さん
会計士。野球観戦やダーツ、ビリヤード、ボウリングが好きだというアクティブ派。北海道には10回以上訪れていて、情報にも詳しい。
No.230
沓掛沙椰さん(26歳)
沓掛沙椰さん
会社員。フットサルやダイビングが趣味で、スポーツの楽しみを発信していきたいと思っている。おすすめの旅行先は、海を堪能できる南の島。


日本全国の街には、それぞれに違う魅力がある!

藤野 国内旅行って海外にくらべて行きやすいし楽しいよね。おすすめの旅先ってある?
金泉 広島の宮島かな。特に晴れている日はいいよ。弥山のロープウェイは景色が素晴らしいし、お好み焼きやアナゴ飯、「揚げもみじ」と、おいしいものもたくさんある。
沓掛 食べ物は旅の楽しみのひとつだよね。
藤野 うん。私は沖縄が好きなんだけど、食べ物が最高だよ。ブルーシールのアイスクリームや、『歩のサーターアンダギー』というお店のようなスイーツ系もいいし、『百年古家 大家』のランチは本当においしかった。沖縄は美ら海水族館や首里城など、観光をする場所もたくさんあるしね。
沓掛 私はダイビングをするから、きれいな海を求めて離島によく行くよ。与論島に行ったときは、モリンガ麺をはじめ、現地のお店は基本的においしかったな。御蔵島では野生のイルカと泳ぐことができてよかった。
藤野 素敵だね〜!
沓掛 一人でダイビングをしに行ったら現地の人がすごく優しくしてくれて、とれたてのサザエとビールをくれて一緒に飲んだことは、すごくいい思い出。人との触れ合いも旅の醍醐味!
金泉 わかる! 私はよく現地のダーツバーにお邪魔するんだけど、地元の人と仲良くなっていいスポットを教えてもらったりすることもある。楽しいよね。私は北のエリアも好き。北海道は10回以上、訪れたかな。最北端の場所へ行ったり、摩周湖や阿寒湖など湖巡りをしたこともあるよ。
藤野 楽しみ方がツウだね!
金泉 あとは、青森もよかったな。ねぶた祭のときに行ったけど、意外とすいていてまったり楽しめる。奥入瀬渓流は避暑地って感じで素敵だったし、十和田湖もきれいだった。
藤野 やっぱり有名な観光地には、魅力があるんだね。観光地といえば、前に彼と一緒に京都へ行ったときに、着物で歩いていたら観光客の方からたくさん写真を撮られてびっくり。しかも地元のテレビ局に取材をされて、忘れられない思い出になりました(笑)。
沓掛 定番でいうと、伊勢神宮はよかったな。おみやげには、ちゃんと赤福を買いました。
藤野 日本には、それぞれに違う魅力を持った観光地がたくさんあるね。これからも、できるだけいろいろな場所へ行って、その土地でしか楽しめないものを味わってみたい!
写真・角戸菜摘 黒川ひろみ 文・重信 綾