マガジンワールド

今週のお題は「ゆずれないこだわり」。anan総研 2069号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2017
お 題

ゆずれないこだわり

年を重ねれば重ねるほど強くなるのが“こだわり”!
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken.


Q 「これだけはゆずれない!」ということはありますか?

Q「これだけはゆずれない!」ということはありますか? A YES 88%、NO 12%
自分軸をつくるのは千差万別のこだわり。
9割近くの総研メンバーが「YES」。ジャンル別だと、メイクや美容法へのこだわりがトップに。年齢が上がるほど「美味しいお店にしか行かない」「添加物入りの食品はなるべく避ける」など、食事へのこだわりが強くなる傾向が。



今週のanan総研メンバー
No.318
西田彩花さん(29歳)
西田彩花さん
美容ライター。カラオケが好きで、一人で夜通しもしばしば。色々な歌い方を研究していますが、最近は“女性ボーカルのシャウト”を練習中(笑)。
No.183
小久保絵利子さん(31歳)
小久保絵利子さん
音楽関連講師。秋カラーのポリッシュネイルにハマり中。3日に一度は塗り替えて楽しんでいます。今年は可愛い色が出揃っていてまだまだ欲しい!
No.082
久本実雅子さん(32歳)
久本実雅子さん
会社員。シルバーウィークは全室スイートの海辺のホテルに泊まって誕生日を祝ってもらう予定♥ 初の子連れ旅行なので楽しみ!


こだわりが“ブレない自分”をつくってくれる!

西田 総研メンバーの「こだわり」アンケート回答、20代後半以上の人たちが特に細かく深いこだわりを持っているっていう結果が出たみたいだね。
久本 私も、30代になって結婚して子供が生まれてこだわりがさらに強くなったかも。
小久保 ちなみにどんなこだわりがある?
久本 美味しいものしか食べたくなくなった! 外食する時に適当に店を選ぶなんて、もっての外。カフェでも、適当に入らず事前にネットで調べるよ。
小久保 わかる! 食べるものは大切だよね。
久本 自分で料理するようになってから、作る工程やコストがわかり、わざわざお金をかけて外で食べるならきちんと美味しいものを食べたい、という欲が強くなって。
西田 人生で食事をする回数は限られているからね。1日3回、大切にしなきゃいけないよね。
小久保 そうそう。私は野菜や果物など食物繊維の多いものやお酢が入ったものを食事前に積極的に摂るようにして、血糖値を抑えるようにしている。
西田 本格的!
小久保 一人暮らしを始めた頃、朝食に菓子パンをよく食べていたけど、体調も肌も日常生活の質も格段に悪くなったんだよね。それで調べてみたら、血糖値の急上昇が原因だって知って。
久本 それから食生活を変えたんだね。
小久保 繊維質や酢を摂るのは、小さい頃に母が教えてくれていた習慣。その習慣を元に戻しただけで、かなり改善したよ。
西田 アラサー以上は、食のこだわりを持っている人に綺麗な人が多いイメージ。
久本 体の中から、って本当に大切だもんね。あとコスメやメイクはもうこだわりというか、長いお付き合いだから自分自身のアイデンティティのひとつだよね。
西田 そうそう。私は美容ライターという職業柄かもしれないけれど、常備しているスキンケアアイテムは必ず成分表示をしっかり見ているよ。うたい文句はあくまでも参考程度。
小久保 すごい!
西田 たくさんのコスメを試してきて、成分に興味を持つようになってからは、社会人になって本格的に成分について勉強して資格をとったほどだから、もうこれはこだわりというかオタクレベル(笑)。
久本 そのこだわりのおかげで今があるんだね。今度コスメ成分レクチャーしてほしい!
 
写真・水野昭子 森山祐子 文・薮内加奈
アンアン No. 2069

美乳強化塾

530円 — 2017.09.13電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2069 —『美乳強化塾』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。