マガジンワールド

今週のお題は「得意料理」。anan総研 2153号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2019
お 題

得意料理

あなたが自慢できる得意料理は何ですか?
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken
https://ananweb.jp/soken/


Q
あなたには得意料理がありますか?
NO29%, YES71%
レシピはネットor親からの伝承。
7割以上のanan総研メンバーがYESと回答。ちなみに、得意料理のジャンルは和食がトップ、次いで洋食、中華の順。レシピは、ブログやレシピサイトなどインターネットを参考にする派と、親から味を受け継いだ派に二極化しました。

今週のanan総研メンバー
No.057
能美黎子さん(33歳)
能美黎子さん
秘書。人生でMAX 体重を更新中(涙)。パーソナルトレーニングとバイクエクササイズジムに通い始めて夏までに引き締める予定です!
No.019
近藤えりこさん(35歳)
近藤えりこさん
アーティスト、作詞家。体を鍛えることにハマり中。特にスクワット! 20秒やって10秒休憩、を5セット。全身鍛えられるので週3目標で頑張ってます。
No.063
尾谷 萌さん(31歳)
尾谷 萌さん
会社員。先日入籍したばかり! そして5月末にはハワイで挙式も控えています。準備でバタバタしているけど一生の思い出を残したいです。

得意料理の秘訣は技術でも材料でもなく……。

尾谷 anan総研メンバーは、ちゃんと料理している子が結構多い結果だね! 7割が「得意料理あり」なんだって。
能美 回答を詳しく見ると、煮物が得意な人が多いみたい。その次はカレーとハンバーグ。
近藤 二人の得意料理は何?
尾谷 私はハンバーグ。玉ねぎをしっかり炒めて、タネに甘みをつけるの。あとは、以前ネットで購入したハンバーグについていたレシピを元にした、濃厚なデミグラスソースが決め手。旦那さんにも大好評だよ。
近藤 萌ちゃん、新婚さんなんだよね。いいなぁ、旦那さんが羨ましい〜!
能美 私は麻婆豆腐かな。中華街で売っている辛い調味料を入れると、格段に美味しさが増すの。なるべく、豆腐を崩さないようにするのがポイント。
近藤 麻婆豆腐って難しいイメージ。私は、ステーキ(笑)。絶妙なミディアムレア加減で焼くことに、自信あり!
尾谷 それ知りたい! 成功の秘訣は何?
近藤 秘訣は、多少いいお肉を買ってくることと、火を強くしすぎず、じっくりと焼き目をつけること。実は学生の頃、ホテルの鉄板焼きレストランでバイトしてたんだ。「こういうふうに焼くんだ」となんとなく覚えていて、試してみたら大成功!
尾谷 強火で焼かないんだ。今度試してみよう! 最近夕食はほぼ毎日作っているから、自分なりの得意料理をどんどん増やしていきたくて。
近藤 私も週5は自炊かな。自分で作るときはかなり野菜中心のメニューで、薄味。家で作って食べると、外食が続くときとは明らかに肌の調子やお通じが変わってくるから。
能美 二人ともすごい! 私は週2回くらいかな。自炊自体は嫌いじゃないんだけど、作るだけで満足したり、つまみ食いでなんだかんだお腹いっぱいになったりしちゃって(笑)。
近藤 たしかに(笑)。私、昔は自炊嫌いだったなぁ。
尾谷 私も昔はあんまりだった。だけど、さっき話題に出た得意料理のハンバーグも、その当時付き合っていた彼に、美味しいごはんを振る舞いたいと思ったのがきっかけで作ったんだ。
近藤 そうそう。得意料理ができるきっかけって、誰かに食べてもらえる、美味しいと言ってもらえる、ってことがモチベーションな気がする。
能美 「美味しい料理は愛情でできている」、まさにそうだね。
尾谷 だね!
写真・水野昭子 大嶋千尋 文・薮内加奈
アンアン No. 2153

夏の体内美容/SEVENTEEN

650円 — 2019.05.29電子版あり
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2153 —『夏の体内美容/SEVENTEEN』

紙版

定期購読/バックナンバー

デジタル版

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。