マガジンワールド

anan総研 今週のお題は「運動してる?」。

 
anan総研 意識&行動リサーチ2015
お 題

運動してる?

定期的な運動で体、心、生活が変わる!
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken.



Q 定期的に運動をしていますか?

Q. 定期的に運動をしていますか? A.はい:73% いいえ:27%
どんなに忙しくても、運動はマスト!
7割以上の人が「はい」と回答する結果に。ちなみに、体を動かす頻度は「週2~3回」が3割と最多。さらに、「ほぼ毎日」という人も約1割いることが判明。総研女子の美と健康の秘訣は運動にアリ!?



今週のanan総研メンバー
No.063 尾谷 萌さん(28歳)尾谷 萌さん
医療商社。フットサル、バスケ、バドミントン、スノーボードと、体を動かすことがとにかく大好き。フルマラソンで4時間を切るのが今の目標。


No.080 浅井裕美さん(30歳)浅井裕美さん
学生。anan総研マラソン部に入り、マラソンの魅力に目覚める。旅先でも時間があればランニングすることも。最近はダンスに興味あり。


No.203 亀田夏美さん(23歳)亀田夏美さん
モデル。週に1度のジム通いと自宅で毎日行うストレッチ&筋トレがスタイルキープの秘訣。中学2年の時に体を動かすことに目覚めたそう。



かなりガチ!? 総研女子の意外な運動事情。

浅井 アンケートによると定期的に運動をしている人の割合は約7割。なかでもいちばん人気の運動は“ランニング”でした。
尾谷 ランニングといえば、anan総研のメンバーで去年結成した「マラソン部」のことをぜひ言いたい! 私たち3人もメンバーの一員なんだよね。
亀田 私は最近になって入部したばかりだけど、二人は結成初期からのメンバーだよね。そもそもマラソンを始めようと思ったきっかけは?
浅井 私は28歳の時に、急に代謝が悪くなったのを感じたのがきっかけ。体を動かしても汗をかかなくなったし、食べた分だけ太ってしまうから「これはマズイ!」と思って(笑)。
尾谷 それまでは定期的な運動はしていなかったの?
浅井 時々ジムに行っていたけど、なかなか続かなくて…。そこで、anan総研のマラソン部に入ったんだ。いま、一般の会社でも「ゴルフ部」とか「フットサル部」みたいなサークル活動が流行ってるでしょう。
亀田 でも、anan総研のマラソン部ってけっこう“ガチ”なイメージ(笑)。今までに沖縄マラソンやグアムマラソンに参加したり、ハーフもフルも余裕で走っちゃうらしいよね。
尾谷 私はもともと持久力が必要なスポーツが苦手だったから、最初は1㎞走るのも辛かったよ。「もう絶対にやめよう…」って何度も思ったけど、徐々に目標を達成するのが楽しくなってきて、気づけばどっぷりハマってた(笑)。
浅井 仲間がいるから続けられているのかも。メンバーが自主練している様子をSNSで見ると、「自分も頑張らなきゃ!」って思うもん。
亀田 私もこれからは行ける時に参加していきたいな。でも、みんなでワイワイ体を動かすのもいいけれど、一人で地味に筋トレするのも実は好き。1日30分でも40分でもいいから、毎日続けていればスタイルもキープできるし健康的。隠れて努力していると、まわりの人に「痩せた?」って言われた時にすごく優越感を感じるの(笑)。
尾谷 一人で筋トレするにしろ、チームで走るにしろ、努力をした分だけ自分に自信が持てる気がするよね。だから、運動を始めてからは日常生活や仕事でも、“努力すればできる!”“やればできる!”って思えるようになったかも。
浅井 それはすごく共感。マラソン以外にも、いろんなスポーツに挑戦してみたいな!

 
写真・森山祐子 文・瀬尾麻美