マガジンワールド

anan総研 今週のお題は「思い出のアニメ」。

 
anan総研 意識&行動リサーチ2016
お 題

思い出のアニメ

それは幼い頃の夢の象徴。みんな何に夢中になっていた?
anan読者200人超で作る「anan総研」。
アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。
※会員は退会している場合もあります。
https://www.facebook.com/anansoken


Q 大人になってから、好きだったアニメを見返したことはありますか?

Q.大人になってから、好きだったアニメを見返したことはありますか? A.YES 52%、NO 42%
実は奥が深い?! 今またアニメを見たい!
半数強がYES。再放送を見た人から、DVDを借りた人、実写版の映画を見た人までそれぞれ。「大人になって見返すと、色々な教訓や感情の描写があって、好きだったアニメがまた違った印象に」との声多数。



今週のanan総研メンバー
No.298 布川桃花さん(22歳)布川桃花さん

モデル。サッカー観戦が好きでJリーグ・浦和レッズの熱狂的ファン! 11月の最終節の試合を見に行く予定。今から楽しみです。


No.259 的場シオリさん(30歳)的場シオリさん

自営業。ポーセラーツサロンを主宰しています。自身のサロンでもセーラームーンやアニメをモチーフにしたオリジナル食器を作っています。


No.290 中島真希さん(26歳)中島真希さん

webマガジン編集。美容のために毎日お水を2リットル飲むように。おかげで体調もよく、周りの方々からも「スッキリしたね!」と言ってもらえるように。



いつの時代も色あせないアニメの力ってスゴイ!

的場 総研メンバーが小さい頃にハマっていたアニメ、2位となんと10倍以上の差をつけていたのがセーラームーンだったらしい……!
布川 すごい! 10代から30代までいる総研メンバーでその結果、支持年齢層も幅広いんだね。
中島 私も例に漏れず小学校の頃セーラームーンに夢中だったなぁ。5人それぞれにキャラクターが確立していて、「私は◯◯派」って友達同士でいつも話していたもん。
布川 ちなみに二人は5人の中だと誰派だった?
中島 ジュピター!
的場 ポニーテールで長身、緑のセーラー服着ている惚れっぽい女の子だね。
中島 そうそう!
布川 セーラームーンは誰が好きだったかによって性格の違いが出そう。
的場 私はセーラームーン派。あの色使いや主役たる華やかさに虜になったな〜。
中島 “うさぎ”っていうかわいい名前にも憧れた(笑)。
的場 この間セーラームーン20周年の記念展覧会があって見に行ったんだけど、懐かしくて、幼い頃を思い出したよ。
中島 人気アニメのおもちゃやアイテムって、持っているだけで人気者になれたよね。
的場 セーラームーンのスティック系やマニキュア等は持っていたような?
布川 私はカードキャプターさくらが好きだったから、お弁当セットからパジャマまで、持ち物全てキャラアイテムで揃えていたほどだった(笑)。
的場 あの頃のワクワク感を思い出すと改めてアニメ見たくなるよね。
中島 今見ると全く印象が違いそう。あの時気づかなかったキャラクターの感情変化とか。
布川 そうそう。学ぶことも多そうだよね。
的場 セーラームーンでどのシーンだったか忘れてしまったんだけど、「思いを言葉にしないと伝わらない」と誰かが言った場面があって、それは今でも強く覚えている。
中島 アニメって本当に人間として大切なメッセージがたくさん詰まっているよね。だから今見ても面白いんだと思う。
的場 そうそう。アンパンマンやドラえもん、ちびまる子ちゃんはいつか子供ができたら一緒に見たいなって思う。
中島 アニメってどの世代の人とも共有できるツールだよね。
布川 心を育てるのにぴったりな教材のひとつなのかも!
 
写真・森山祐子 文・薮内加奈