マガジンワールド

今週のお題は「写真うつり、満足?」。anan総研 2054号

 
anan総研 意識&行動リサーチ2017
お 題

写真うつり、満足?

実物よりも写真が命!? もっとカワイく写りたい♡
anan読者200人超で作る「anan総研」。 アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、facebookで活躍しています。 ※会員は退会している場合もあります。 https://www.facebook.com/anansoken.


Q 自分の写真うつりに満足していますか?

Q.自分の写真うつりに満足していますか? A.まあまあ満足している 40.4%、あまり満足していない 36.2%、まったく満足していない 21.3%、すごく満足している 2.1%
大満足とはいかないまでも…。
4割のメンバーが「まあまあ満足している」と答える一方、「すごく満足している」はたった2%という結果に。anan総研メンバーも自分の写真うつりにはシビアだった!



今週のanan総研メンバー
No.019
近藤えりこ(erico)さん(33歳)近藤えりこ(erico)さん
アーティスト。音楽ユニット「ジャムスタンマジック」のボーカルとして活動。現在は全国をまわるツアーを開催中です。秋には新曲もリリース予定。
No.235
横尾りささん(22歳)横尾りささん
学生。美術館と博物館めぐりが趣味。最近は、国立新美術館の「草間彌生展」へ足を運んだばかりです。独特の世界観に圧倒されました!
No.290
中島真希さん(27歳)中島真希さん
モデル。子どもの頃から無類のプロ野球ファン。特に応援しているのは、日本ハムファイターズです。札幌ドームで観戦するのが今年の目標♪



アプリでの加工は“バレない程度”が鉄則!?

近藤 二人は、写真って好き?
横尾 うん。撮るのも撮られるのもわりと好きだよ。自分が写るのにも、あまり抵抗ないほうだけど。
中島 私も好き。友達と集まった時にスマホで撮ったりするし、もちろん自撮りもするよ。ただ、女子なら写真うつりはやっぱり気になるところだよね。私、前に友達から「写真よりも実物のほうがいい」って言われちゃったことがあって。
近藤 それ、ちょっと微妙だよね(笑)。相手としては、きっと実物を褒めているつもりなんだろうけど、“写真うつりが悪い”ってことでもあるから。
中島 そうなの。だからもっと研究したいなと思ってさ…。
横尾 普段、写真に写る時はどんなふうに工夫してる?
中島 自然光で撮る場合は、なるべく日陰に入って直射日光が当たらないようにしたり…ほら、光が強すぎると眉毛とかまつ毛の影が顔にできちゃうから。あと、自撮りする時は正面よりも少し上から撮ってあごを小さく見せたりしてるかな。
横尾 角度は確かに大事だよね。私は顔の左側のほうが大きいのが気になっているから、なるべく右側が写るようにしてる。でも“キメ顔”ってどうしても恥ずかしいから、私はどちらかというと変顔しちゃうことが多いんだけど(笑)。
近藤 確かに、ばっちりカメラ目線の写真ばかり撮ってもね…。自撮りをするにしても、私は顔のアップの写真よりも、なるべく全身の写真とか、風景込みの写真を撮るようにしてる。
横尾 でも、自分で全身撮るのって難しくない?
近藤 スマホやデジカメ用の小さな三脚を使えば簡単だよ。それから、Wi-Fiつきのデジタル一眼なら、スマホの画面を見ながら調整ができて、シャッターを切る時もスマホで操作できるから便利でおすすめ。
中島 自撮りに便利なアイテムといえば、やっぱり加工用のアプリも欠かせない! 私は「YouCam Perfect」と「Meitu」というアプリをダブル使いしているよ。
近藤 私もたまに使うけど、あまりに技術がすごすぎて怖いくらい…。
横尾 うん、輪郭や目元をアプリで加工しすぎている人をSNSでたまに見かけると、複雑な気持ちになる(笑)。ただ、ちょっと肌荒れしている時には便利かもしれない。
近藤 適度にバレない程度に。これが加工の極意かも!
 
写真・森山祐子 文・中村朝紗子
アンアン No. 2054

夏の肌と髪 Q&A

530円 — 2017.05.24
試し読み購入定期購読 (14%OFF)
アンアン No. 2054 —『夏の肌と髪 Q&A』

紙版

定期購読/バックナンバー

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。